生登会グループ(医)生登会(福)生登福祉会

生登会ブログ

生登福祉ケアセンターの八木です。

先週5月11日(土)に雨が降る中、大阪市の淀川河川敷にて第1回淀川スプリング駅伝がおこなわれました。

その記念すべき第1回大会に生登会グループの「生登福祉ケアセンター」「美加の台生登福祉ケアセンター」「てらもとケアプランセンター」の職員が参加いたしました。
*2人だけ職員の友人(河合さんとが仲村さん)が応援で参加くださいました

5人1組でチームを編成して、男女混合(一般の部)と女性の部で2チームで参加をいたしました。
1区のみ5キロを走り、2~5区は3キロを走り、襷をつないで合計17キロを走り抜ける駅伝大会です。

各チームのメンバー(走った順)を紹介いたします。

下段がSEITO-Aチーム(男女混合チーム)です。
左から右に紹介します。
1区は木元(てらもとケアプランセンター)
2区は硲(生登福祉ケアセンター)
3区は仲村(職員友人)
4区は津端英紀(生登福祉ケアセンター)
アンカーは九星(生登福祉ケアセンター)

上段がSEITO-Bチーム(女性のみチーム)です。
左から右に紹介します。
1区の井上(美加の台生登福祉ケアセンター)
2区の大西(生登福祉ケアセンター)
3区の河合(職員友人)
4区の津端由香子(生登福祉ケアセンター)
アンカーの東(生登福祉ケアセンター)
となっております。

大会の詳しい様子(他チームの結果)はさておき、全48チームが参加した第1回大会。

SEITO-Aチームのレース結果報告からいたします・・・
第一走者の木元からいきなりのビリ(48位)でスタート!!

想定の範囲内です。一番長い距離を走りきった木元はご覧の通りで顔もあげられないほどクタクタ・・・。

2区の硲で1つ順位を上げました!まだまだ序盤です。少しづつ順位を上げていきましょう!

3区まだ順位は変わらず、でも仲村さんが頑張ってくらいついてくれました。

そして、4区で事件が起きました!!!
なんとこの区間で生登福祉マラソン部の部長である津端英紀が大ブレーキ・・・途中で足が止まって(3度も歩いて)しまったのです。


本来の力が発揮できなかったのか?!それともこれが本来の力だったのか?!真相は津端マラソン部長のみぞ知ります。
後日にメンバーと結果を聞いた施設職員からダメだしを受けていましたね・・・部長だけに肩身が狭いでしょうか・・・。
でも、リタイアせずに思いがこもった襷はつなげました。

前を走るチームとの差がかなり広がってしまいました・・・。

それでも、アンカーでチームのエースである九星が区間20位の走りで大奮闘しましたが結局47位(ブービー)でフィニッシュです。
結果はブービーでも頑張ってくれました。


続いては女性のみのSEITO-Bチームのレース結果報告です。
1区の井上から2区の大西、3区の河合、4区の津端由香子、アンカーの東まで5人全員が持っている力を出し切り安定した順位で疾走しました。

そして、結果はなんと女性の部で1位(優勝)となったのです!すごいですねー

賞状と記念の景品までいただいております。

実は女性の部は2チームしか参加していなかったのですが、それでも1位は1位です!
しかも、男性が3名いるSEITO-Aチームよりもタイムも順位も上ですから立派な優勝です。

結果だけ見ると一方は残念すぎる結果で一方は素晴らしい結果となるのですが、施設の仕事以外(プライベート)で職員が一致団結してこのような駅伝大会に参加しただけでも素晴らしいことです。
順位はさておき、2チームともリタイアすることなく重い(思い)襷をつないでゴールしたことが重要で、職員のつながり(仲間意識)を改めて強く感じさせてもらいました。私たちの誇りです!


応援していただい友人(河合さんと仲村さん)のお二人に感謝を申し上げるとともに、メンバーの皆さんは本当にお疲れ様でした。

まだまだ、生登福祉マラソン部は走り続けます!(その予定です)
また別の大会に向けて頑張ってください。そして、ブログで皆様に報告できるといいです。





























Page Top